ページの本文へ

JADCAスタンダード 2011

お申し込みフォーム

JADCAスタンダード 2011表紙画像

発行:2011年10月

定価:2,100円(税込み)

発行者
一般社団法人 日本空調システムクリーニング協会(JADCA)


発刊にあたって

  JADCAは、空調システム内部の汚染とそのメンテナンスについて、創立以来の多くの研究結果や、協会の加盟企業の日常の仕事の中で経験的に得られた知見を集め、ひとつのものさしとすべく2009年に「JADCAスタンダード」とし てまとめました。
それから2年を経ましたが、その間にJADCA空調システム清浄化委員会では、空調設備の微生物(真菌)汚染に関し新たなガイドラインを提案し、また、JADCA厨房委員会では、海外での厨房排気設備メンテナンスの実例も踏まえて、飲食店で利用できる点検表を作成しました。
今般、完成版といえる「JADCAスタンダード 2011」として再発行する運びとなりました。
空調システムの衛生管理についてのバイブルとして、発注基準や工事完成検査の参考に、清掃作業における参考書や手引きに、広く活用いただるものと確信しています。


目次

第1部 空調換気システムについて

1. 空調換気システムについて
1. 空調換気システム清浄化の基本理念
2. JADCA スタンダードの目的と適用範囲 2-1.JADCA スタンダードの目的
2-2.適用範囲
2-3.技術基準
2-3-1.清浄度
2-3-2.既設設備への影響度
2-3-3.施工性
3. 空調換気システム汚染と室内空気環境 3-1.空調換気システム汚染
3-2.空調換気システム内部の汚染物質
3-2-1.粉じん
3-2-2.微生物
3-2-3.揮発性有機化合物(VOC:Volatile Organic Compounds)
3-3.空調換気システム内部汚染の実態
4. 厨房排気システム汚染と諸問題 4-1.厨房排気システム汚染
4-2.厨房排気システム汚染の諸問題
4-2-1.防災的問題
4-2-2.機能的問題
4-2-3.環境衛生的問題
4-2-4.経済的問題
4-3.予防保全の観点に立った維持管理
4-4.汚染の実態
4-4-1.フード
4-4-2.グリスフィルター、V バンク(グリスフィルターケース)
4-4-3.防火シャッター
4-4-4.立ち上がりダクト
4-4-5.横引きダクト
4-4-6.ダンパ(FD:防火ダンパ FVD:風量調節機能付ダンパ等)
4-4-7.縦ダクト
4-4-8.排気ファン
4-4-9.排気ガラリ、網
4-4-10.キャンバス継手

第2部 空調システム

5. 空調システム清掃仕様
5-1.養生
5-2.天井開口
5-3.ダクト開口・チャンバー開口
5-4.コンプレッサー設置
5-5.集塵機設置
5-6.ダクト清掃
5-7.器具洗浄
5-8.開口部補修
5-9.器具取り付け
5-10.養生撤去・室内清掃
6. 空調システム汚染評価 6-1.汚染診断方法
6-1-1.定性的診断
6-1-2.定量的診断
6-2.診断基準
7. 空調システム清掃手順 7-1.養生
7-2.天井開口
7-3.ダクト開口・チャンバー開口
7-4.コンプレッサー設置
7-5.集塵機設置
7-6.ダクト清掃
7-7.器具洗浄
7-8.粉じん飛散確認
7-9.開口部本補修
7-10.器具取り付け
7-11.養生撤去・室内清掃

第3部 厨房排気システム

8. 厨房排気システム清掃仕様
8-1.養生
8-2.フード清掃
8-3.グリスフィルター、V バンク、防火シャッター(FVS)清掃
8-4.ダクト開口、復旧
8-5.ダクト清掃
8-6.排気ファン清掃
8-7.厨房排気設備清掃機材一覧
9. 厨房排気システム汚染評価 9-1.汚染診断方法
9-1-1.定性的診断
9-1-2.定量的診断
9-2.汚染評価と清掃効果評価
9-3.厨房排気設備の点検
9-4.海外(アメリカ)の事例
10. 厨房排気システム清掃手順 10-1.養生
10-2.フード清掃
10-3.グリスフィルター、V バンク、防火シャッター(FVS)清掃
10-4.ダクト開口
10-5.ダクト清掃
10-6.排気ファン清掃

第4部 資料

12. 関係法令 12-1 室内空気質にかかわるもの
12-2 労働安全にかかわるもの
13. 参考文献