ページの本文へ

JADCAスタンダード 2018 空調版

お申し込みフォーム

JADCAスタンダード 2018 空調版表紙画像

発行:2018年8月

定価:2,100円(税込み)

発行者
一般社団法人 日本空調システムクリーニング協会(JADCA)


『JADCAスタンダード 2018 空調版』改訂にあたって

『JADCA スタンダード』は2009 年に初版が発行されました。当時は、空調システム内部の汚染とそのメンテナンスについて、総括的にまとめられた資料が存在しなかったこともあり、各方面からの多大なるご評価をいただきました。空調システムの衛生管理についてあまりご存じないお客様にとっては、発注基準や工事完成検査の参考として、また、業界(メンテナンス会社)にとっては日常的に使用する参考書や手引きとして使っていただけたのではないかと思います。
2009 年版の発行から2 年後には、空調設備の微生物汚染に関するガイドラインを提案し、『JADCA スタンダード2011』として改訂版を発行することとなりました。
今回の改訂においては、増加の一途を辿る個別空調のメンテナンスに関する記述を追加し、ダクトだけではなく空調システム全体のメンテナンスに対応できるガイドラインとなるよう編纂しました。また、厨房排気設備のメンテナンスに関連する記述は、『JADCA スタンダード厨房版』として独立させ、本書は『JADCA スタンダード2018 空調版』と致しました。
ぜひ本書をお手元に置いていただき、空調システムメンテナンスのガイドラインとしてご活用くだされば幸いです。
なお、このスタンダードは現在までの知見に基づいて作成しております。そのため、今後空調システムの衛生管理に関して新たな知見が得られた段階で、よりよいスタンダードとなるよう改訂を重ねていく予定です。

2018年4月
一般社団法人日本空調システムクリーニング協会 学術顧問 山﨑 省二


目次

 

第1章 JADCA スタンダードの目的 1-1 空調システム清浄化の基本理念
1-2 JADCA スタンダードの目的
1-3 JADCA スタンダードの適用範囲
第2章 空調システム清掃仕様 2-1 空調システム清掃全体
 2-1-1 安全
 2-1-2 清浄度
 2-1-3 既存設備への影響
 2-1-4 外部環境への影響
 2-1-5 原状復帰の原則
2-2 作業手順ごとの仕様
 2-2-1 養生
 2-2-2 天井開口
 2-2-3 ダクト開口、チャンバー開口
 2-2-4 コンプレッサー
 2-2-5 集塵機
 2-2-6 ダクト清掃
 2-2-7 吹き出し器具、吸い込み器具等の洗浄
 2-2-8 開口部補修
 2-2-9 養生撤去、室内清掃
 2-2-10 空調機洗浄
第3章 空調システム汚染と室内空気環境 3-1 空調システム汚染
 3-2 空調システム内部の汚染物質
 3-2-1 粉塵
 3-2-2 微生物
 3-3 空調システム内部汚染の実態
 3-4 空調システムの清浄度評価
 3-4-1 診断方法
 3-4-2 定性的診断手法
 3-4-3 定量的診断
 3-4-4 診断基準
第4章 清掃管理計画 4-1 人員
 4-1-1 人員計画
 4-1-2 人員配置
4-2 管理計画
 4-2-1 作業計画
 4-2-2 使用資機材
 4-2-3 作業報告書
 4-2-4 緊急対応および苦情処理体制
第5章 空調システム清掃手順 5-1 空調ダクト清掃手順
 5-1-1 養生
 5-1-2 天井開口
 5-1-3 ダクト開口・チャンバー開口
 5-1-4 コンプレッサー設置
 5-1-5 集塵機設置
 5-1-6 ダクト清掃
 5-1-7 器具洗浄
 5-1-8 粉塵飛散確認
 5-1-9 開口部本補修
 5-1-10 器具取り付け
 5-1-11 養生撤去・室内清掃
5-2 空調機洗浄手順
 5-2-1 養生
 5-2-2 機器の分解
 5-2-3 排水経路の確保
 5-2-4 薬品洗浄
 5-2-5 取り外し部品洗浄
 5-2-6 組み立て
 5-2-7 試運転
 5-2-8 養生撤去・室内清掃
第6章 用語の定義と解説  
第7章 関係法令 7-1 建築物における衛生的環境の確保に関する法律(抜粋)
7-2 労働安全衛生法(抜粋)
7-3 廃棄物の処理および清掃に関する法律(抜粋)
7-4 騒音規制法(抜粋)
7-5 道路交通法(抜粋)
7-6 事務所衛生基準規則(抜粋)
第8章 参考文献