ページの本文へ

2020年度 建築物環境衛生セミナー

JADCAは 1988年に創設以来毎年建築物環境衛生セミナーと題して室内空気環境に関する啓発活動を一般公開にて実施しています。
建物内における新型コロナウイルス感染予防対策としては「換気」が重要なファクターであり、厚生労働省からも「換気の悪い密閉空間を改善するための換気の方法」として通達が出されました。具体的には、一人当たり30m3/hの必要換気量を確保することが推奨されていると同時に、換気設備の清掃、整備等の維持管理を適切に行うことも求められています。
本セミナーでは、建物内での感染予防対策として「換気」および「維持管理」を具体的にどのようにすれば良いか、産官学それぞれの立場から解説します。


後援

厚生労働省
(公社)日本空気清浄協会
(公財)日本建築衛生管理教育センター
(公社)全国ビルメンテナンス協会


概要

テーマ
開催日時 2020年12月23日(水)
13:00開場 13:30開演 終了17:00
会場 ホテルルポール麹町 3階 エメラルドの間
対象 JADCA会員企業、建築物所有者、管理技術者、ビルメンテナンス企業、ダクト清掃企業等
主催 一般社団法人日本空調システムクリーニング協会(JADCA)
後援 pdf厚生労働省
公益社団法人日本空気清浄協会 (JACA)
公益財団法人日本建築衛生管理教育センター
公益社団法人全国ビルメンテナンス協会 (JBMA)
受講料 2,000円(税込)
申込方法 参加申込書(PDF/40KB)pdfFAXでお送り願います。 
・申込時に参加費を銀行振込にてご入金願います。
お振込み確認次第受講票をFAXいたします。
三井住友銀行 田園調布支店 (普通)1343151
一般社団法人日本空調システムクリーニング協会
締切 2020年12月16日(水)

プログラム

時刻 演題 講師(敬称略)
13:30 開講  
13:40 換気の悪い密空間を改善するための換気方法 厚生労働省 医薬・生活衛生局 生活衛生課課長補佐 北村 牧子
14:40 休憩  
14:50 新型コロナウイルス感染対策としての空調設備を中心とした設備の応用について 東京理科大学工学部建築学科 教授 空気調和・衛生工学会副会長 倉渕 隆
15:50 休憩  
16:00 換気設備の粉塵汚染による換気能力低下を改善するための有効的な維持管理 日本空調システムクリーニング協会 評価委員長 花木 俊介
17:00 閉講  


JADCA事務局 TEL:03-5828-6116
FAX:03-5246-7380
E-mail:info@jadca.jp メールソフトが起動します