ページの本文へ

2006年度 日中建築物環境衛生シンポジウム

終了しました

・今般会員から参加者を募り、上海視察ミッション(10/8~11)を組成し、現地参加を含めて日系企業30名が日中建築物環境衛生シンポジウムに参加しました。
中国側からは予想をはるかに上回る80余名もの参加が得られ、立ち見がでるほどの盛況のうちに終了。中国側産・官・学における空調システムの衛生管理、空調用ダクト清掃の関心の高さが大いに感じられました本年3月中国衛生部から規範が公表されて以来,全国規模で調査が始まり,空調システム内微生物汚染で不合格の物件が多いと言われており、この機にIAQの向上を目指す同志として具体的連携策を模索していきます。

シンポジウム写真1シンポジウム写真2


概要

テーマ 日中における空調システムの衛生管理の現状と課題
(上海IAQ市場視察ミッション)
開催日 2006年10月10日(火)
会場 上海科学会堂 1F会議室(上海市南昌路47号)
主催等 共催   上海市制冷学会、上海冷凍空調工業協会
有限責任中間法人日本ダクトクリーニング協会(JADCA)
後援   中小企業家同友会「上海倶楽部」


プログラム

時刻 演題 講師(敬称略)
13:30 開会
主旨説明
司会
(中国)
上海制冷学会
常務副事務局長  李 永銘
(日本)
国立保健医療科学院
建築物衛生室
室長  柳 宇
  主宰者挨拶 同済大学教授  範 存養
JADCA会長  大廻 和彦
  来賓ご挨拶 上海市予防医学研究院
院長、教授  張 勝年
上海冷凍空調協会
常務副事務局長  劉 俊飛
13:50 講演1
「中国における空調システム衛生管理の現状と問題点」
同済大学
教授  徐 文華
14:30 講演2
「中国における空調システム衛生管理の実際」
新世唯グループ
副社長  薛 鷹
15:20 講演3
「日本における空調システム衛生管理の行政」
国立保健医療科学院
建築衛生部部長  池田 耕一
16:00 「日本における空調システム衛生管理の実際」 JADCA副会長  吉田 正広
16:50 質疑応答 講演者全員
17:30

情報交換会(会食形式)

 
19:00 閉講  


お問い合わせ先

JADCA事務局 TEL:03-5754-3201
FAX:03-3726-3319
E-mai:info@jadca.jp メールソフトが起動します