ページの本文へ

養成研修概要

前述の本資格の目的を遂行するためには、

  • 1.測定装置の性能と限界を深く理解する。
  • 2.正しい測定方法にて、測定する。
  • 3.測定結果を的確かつ適正に判断する。

ことが必要であり、本養成講習を2日間の集合研修形式にて下記の要領にもとづき実施する。


受講資格

下記に掲げる資格を有する者

  • 1.空気調和用ダクト清掃作業監督者
  • 2.建築物環境衛生管理技術者(ビル管理技術者)
  • 3.JADCAスタンダード研修(総合コース)修了者
  • 4.建築物空気環境測定業実施者
  • 5.認定ファシリティマネジャー
  • 6.建築設備検査資格者
  • 7.技術士及び技術士補(衛生部門)
  • 8.指定建設業監理技術者
  • 9.その他上記資格に準ずる資格

受講費用

1名当たり 45,000円(税込)



修了認定

養成研修の終了後速やかに「空調システム診断士養成研修修了認定委員会」(以下「修了認定委員会」という)を開催し、後述の修了判定基準にもとづき受講者の修了認定を行なう。

  • 1.修了認定委員会メンバー
    委員長  山﨑省二(JADCA学術顧問、(社)日本空気清浄協会会長)
       委員  高鳥浩介(NPOカビ相談センター所長)
       委員  柳宇(工学院大学教授)
  • 2.修了認定基準
  • 認定基準は以下の2項目とする。
    (1)養成研修全課程の受講と受講態度
    (2)修了テストの採点が合格基準を満たすこと
  • 3.修了テスト
  • 2010年度まではテキスト持み込み可。2011年度より下記に改正。
    ・テキストは持ち込み不可。
    ・診断実務への理解度を問う問題を中心にする。

テキスト

研修中は以下のテキストを使用する。
「空調システム診断士」養成研修用テキスト


開催スケジュール

毎年4月19日前後2日間に東京にて、11月9日前後2日間に関西地区にて開催


主催等

主催 一般社団法人日本空調システムクリーニング協会(JADCA)
後援  公益社団法人全国ビルメンテナンス協会(JBMA)